現金化はじつは古い換金行為

胸ポケットに紙幣を入れる様子

カード換金とは、どのくらい昔から行われるようになったのでしょうか。その歴史をご紹介するとともに、実際にカード換金をする際に工夫をすることで得られるメリットの解説をしてゆきます。

知っておきたい現金化の知識

現金化のイメージ

ショッピング枠現金化という換金行為は、一工夫することでより大きなメリットを得られるのをご存知でしょうか。実際に得られるメリットと、ショッピング枠現金化するにあたっての注意点なども解説します。

知って損はない現金化の知識

残り僅かな現金

クレジットカード現金化をするときはどんなポイントが注意点となるのか、どんな情報を仕入れたり知識を身につけておけば良いのか、実際に現金化する際に知っておきたい内容を解説してゆきます。


これから現金化するなら

すぐにお金が手に入る現金化ですが、実際に利用する前にどういうものかちゃんとした知識を持っておくほうがいいでしょう。

クレジットカードの現金化に興味があるなら安心して利用できるこちらのサービスをチェック。

硬貨をつかむ手

カード現金化の特徴は、やはりキャッシングと違って実質的な金利にばらつきがあるという点です。 金利というのは簡単に言うとお金のレンタル料ですよね。 キャッシングを利用した場合はカード会社など金融機関が定める規定に則って金利が決定されます。 しかしカード現金化の場合はカード会社の金利に加えて、転売したときに発生する買値と売値の差額や、業者を利用した際に発生する手数料などが加算されることになり、それらの合計金額が実質的な金利となるのです。 とはいえ必ずしもキャッシングよりも金利が高くなるかというと、じつはそうでもないのがカード現金化の深い部分と言えるでしょう。 自分で上手く転売した場合は黒字にすることも可能となります。 実質金利が高くなる場合も安くなる場合もある、それがカード現金化の最大の特徴なのです。

カード現金化の歴史は、日本で初めてクレジットカードが使われるようになった1960年代にまで遡ります。 つまりクレジットカードが誕生したのとほぼ同じタイミングでカード現金化も行われるようになったということなのです。 しかし最初は一部の人たちが利益目的でカード現金化を行うことが一般的だったので、現在のように多くの人が現金目的でカード現金化を行うようになったのは最近のことなのです。 実際に一般的になったのは1990年代で、この頃からカード現金化を専門とする業者が増え始め、その広告などによって認知度が高まりだしました。 さらに2000年代になると不正業者から逮捕者が出たり、総量規制が施行されたり、カード現金化を取り巻く環境は大きく変化しました。 認知度が高まると同時に需要も増え、近年さらに利用者が増えているのです。

お金がない時は安易に借りずに、自分の カードでお金を作るのがいいやり方ですよ。

人気記事

4万円

「現金がなくてピンチ!でもカードがあれば大丈夫!現金化しよう!」の人気記事一覧です。